<< 怒濤の夏に、やさしい歌を歌ってあげる | main | ドイツの旅・ベルリン >>
ドイツの旅:アーレンスホープ
ドイツにやってきました。

友人の映像作家梶村昌世さんと作品制作、発表をする目的での旅です。
ラジオドラマの仕事を終えるやいなや飛行機に飛び乗り、日常を飛び出してきました。

まずはバルト海沿いのアーレンスホープという町に行き、そこにあるアーティストハウスに滞在。
彼女が去年春にレジデンスアーティストとして滞在していた関係で、宿泊させてもらいました。

ドイツ人が夏のバカンスを過ごす場所で、とてもきれいな海!
初日はおだやかな海、と思ったら翌日は天気がみるみる変わって、風も強かったり、波の音も全然ちがって、いろんな表情を見せてくれた。




とにかくひたすら歩いて、海沿いの果てまで歩いて、見た景色はなんだかこの世の果てのような真っ白な海。そして砂に混じって無数のてんとう虫の死骸。
てんとう虫の墓場をみて、なにか日常とはまったく違う世界に来たような感覚を得ました。



とにかく自然の大きさ、自分の小ささを思って、今はいろんな雑念を振り払って「無」に戻ることを目指さねば、と思う。



次はベルリンに戻り、昌世さんと制作、5日に発表。
海を見て受けたイメージ、風景とこれまでの集めた素材、テーマを作品にしていきます。
今の自分たちのストレートなイメージが形になればよいなと思う。
| 日々 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.yasunomiyauchi.com/trackback/785232
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
RECOMMEND
▲pagetop